2018年遅延の少なかった航空会社ランキング。JAL・ANAはトップ10圏外

飛行機は出発が遅れて助かることもありますが、到着が遅れると困ったことにもなります。できる限り定刻出発の定刻到着であってほしいですが、遅延の少なかった航空会社のランキングも発表されています。

スポンサーリンク




2018年遅延の少なかった航空会社ランキング。JAL・ANAはトップ10圏外

航空会社別の定刻出発・定刻到着の正確性、定時性ランキングの2018年版がイギリスのOAGから発表されました。

18年定時性、世界一はコパ航空 ANA11位、JAL13位 英OAG

 世界の航空関連情報を提供する英国のOAGは、2018年の定時運航率が最も高い航空会社に、パナマのコパ航空(CMP/CM)を選出した。日本の航空会社では、全日本空輸(ANA/NH)が11位、日本航空(JAL/JL、9201)が13位にランクインした。

2018年航空会社定時性ランキング

  1. コパ航空(CMP/CM、パナマ) 89.79%
  2. エア・バルティック(BTI/BT、ラトビア) 89.17%
  3. 香港航空(CRK/HX、香港) 88.11%
  4. ハワイアン航空(HAL/HA、アメリカ) 87.52%
  5. バンコク・エアウェイズ(BKP/PG、タイ) 87.16%

全日本空輸(ANA/NH、日本) 84.43% 11位
日本航空(JAL/JL、9201、日本) 83.99% 13位

LCC部門

  1. アズール・ブラジル航空(AZU/AD、ブラジル) 85.21%
  2. ジェットスター・アジア航空(JSA/3K、シンガポール) 84.13%
  3. ソラシドエア(SNJ/6J、日本) 82.90%

LCC部門は定期便3万便以下の航空会社を分類。

こうやって見てみると一般の航空会社とLCCとの間の定時運航率はトップで約4%の差はありますが、大体20便に1本の差ということで利用者側の体感値としてはそれほど変わりがない気がします。LCC部門トップのアズール・ブラジル航空の定時運航率はJAL・ANAよりも上、というのも驚きですね。

僕はLCCでこんなふうに旅をする (朝日文庫)
僕はLCCでこんなふうに旅をする (朝日文庫)
  • 著者 : 下川裕治
  • 価格 : ¥ 756
  • 文庫:272 ページ
  • 出版日 : 2017/11/07
  • 出版社 : 朝日新聞出版

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterをフォロー
スポンサーリンク




コメント

  1. […] 2018年遅延の少なかった航空会社ランキング。JAL・ANAはトップ10圏外飛行機は出発が遅れて助かることもありますが、到着が遅れると困ったことにもなります。できる限り定刻出発の定刻 […]