2018年遅延の少なかった空港ランキング、羽田空港もトップに

旅客機の出発・到着には遅れが付きものではありますが、できればちゃんと定刻で運行してもらいたいですね。2018年の運航で遅延が少なかった空港のランキングが発表されています。

スポンサーリンク




羽田空港がメガ部門トップ、2018年定時性空港ランキング

航空機の離発着の時刻の正確さを定時性と呼ぶようですが、2018年の航空機運航についてイギリスのOAGが2018年運航分の定時性ランキングを発表しました。

18年の空港定時性、羽田がメガ部門首位 伊丹は大規模部門1位 英OAG

空港別のランキングについては定刻から15分以内の出発・到着を定時運行とし、運航便の総座席数が250万~500万席の空港を小規模空港、~1000万席を中規模空港、~2000万席を大規模空港、~3000万席を主要空港、それ以上をメガ空港、と分類・カテゴリ分けをしてランキングにしています。

メガ空港部門(総座席数3,000万席以上)

  1. 羽田空港(日本) 85.62%
  2. ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(アメリカ) 82.23%
  3. チャンギ国際空港’(シンガポール) 80.70%
  4. デンバー国際空港(アメリカ) 80.65%
  5. ロサンゼルス国際空港(アメリカ) 79.95%

主要空港部門(総座席数2,000万~3,000万席)

  1. シェレメチェボ空港(ロシア・モスクワ) 87.00%
  2. ドーハ・ハマド国際空港 84.91%
  3. ミネアポリス・セントポール国際空港 84.02%

成田空港は、79.65%で13位

大規模空港部門(1,000万~2,000万席)

  1. 伊丹空港 88.22%
  2. ダニエル・K・イノウエ国際空港(アメリカ・ホノルル) 87.67%
  3. ブラジリア国際空港(ブラジル) 86.08%

新千歳空港は83.47%で7位、福岡空港は82.48%で9位

中規模空港部門(500万~1,000万席)

  1. トクメン国際空港(パナマシティ) 91.11%
  2. キング・ファハド国際空港(サウジアラビア) 87.34%
  3. ブラジル・カンピナス郊外のヴィラコッポス国際空港(ブラジル) 85.95%

中部国際空港(セントレア)は、84.08%で7位

小規模空港部門(250万~500万席)

  1. ベラルーシのミンスク第2空港 92.35%
  2. アブハー地方空港(サウジアラビア) 86.57%
  3. ロス・カボス国際空港(メキシコ) 86.48%

鹿児島空港は、83.58%で11位

メガ部門はいわば世界最大級の空港カテゴリなので、その中で羽田空港が首位、というのはうれしいものですね。

空港オペレーションー空港業務の全分野の概説と将来展望ー
空港オペレーションー空港業務の全分野の概説と将来展望ー
  • 著者 : ノーマン・J.アシュフォード, H.P. マーティン・スタントン, クリフトン・A.マーレ, ピエール・クテユ, ジョン・R.ビースレイ
  • 価格 : ¥ 6,480
  • 単行本:392 ページ
  • 出版日 : 2017/11/04
  • 出版社 : 成山堂書店

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterをフォロー
スポンサーリンク