JALの国際線中距離LCC「ZIPAIR」発表

前に一報があったJALの中距離LCCですが、正式に「ZIPAIR」と発表がありました。

スポンサーリンク




JALの国際線中距離LCC「ZIPAIR」発表

JALグループとしての新しい取り組みとなる国際線中距離LCC。ドメインの取得状況から「ZIPAIR」「ZIPAIR TOKYO」となりそうだ、という一報がありました。

JALの中距離LCC、名称は「ZipAir(ジップエアー)」か
昨年発表になったJALが取り組む中距離LCCの名称が「ZipAir」、ジップエアーになりそうです。

今日、正式にZIPAIRとしての発表がありました。JALからのリリースはこちらです。

国際線中長距離LCCエアライン『ZIPAIR』が誕生 | プレスリリース | JAL企業サイト
運賃情報や決算情報、経営やサービス全般に関わる情報などがご覧いただける、JAL(日本航空)のプレスリリースです。

新しい国際線中距離LCCの「ZIPAIR」のサイトはこちらです。

ZIPAIR Tokyo
ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)は、時代に合ったサービスクオリティと究極のコストバリューを両立する、今までにないエアラインです。

新会社名は株式会社ZIPAIR Tokyoに

JALグループの新しい取り組みとなる国際線中距離LCC。その運営会社として設立された株式会社ティー・ビー・エルは、今回の発表から株式会社ZIPAIR Tokyoに商号変更したようです。

またこのZIPAIR Tokyoが運行する路線ですが、ボーイング787-8を2機使用し、成田(NRT)=スワンナプーム(BKK、タイ)と、成田(NRT)=ソウル(ICN)を予定しているとのことです。これで成田から乗れるLCCがまた1つ増えることになりますね。離発着のターミナルはどれになるんでしょうか・・・?まさかの第3ターミナルとかだと驚きですね。

まずは運用に必要な社員募集からスタートするそうです。新会社の社長である西田社長は社名について記者会見で茶目っ気も見せています。

https://www.j-cast.com/2019/03/08352253.html?p=all

「お客様を圧縮するという意図ではない。どうぞご安心を」

こういう印象を意識してのコメントかと思われます。

圧縮ファイルでお馴染みのZIPファイルと同じ社名であることから出たコメント。ZIPには前のエントリでも触れたとおり「すみやかに運ぶ」という意味もあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterをフォロー
スポンサーリンク