影響必至!シンガポールがB737MAXシリーズの乗り入れを禁止

昨年、今年と事故が続いているボーイング737-MAXシリーズについて、シンガポールが当該機種のシンガポールの離発着を禁止しました。

スポンサーリンク




影響必至!シンガポールがB737MAXシリーズの乗り入れを禁止

昨年のインドネシアでのライオンエア機の事故に続いて、今年にもエチオピア航空で事故を起こしたボーイング737-MAXについて、シンガポールは当該機種のシンガポール乗り入れを禁止した、と発表されました。

ボーイング小型機墜落事故、シンガポールが全面運航停止 | シンガポールニュース(社会)
シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXのニュース情報ページです。

 ボーイングの小型機、B737MAX8が10日、エチオピアで墜落した事故を受け、シンガポール民間航空局(CAAS)は12日、737MAXシリーズのすべての航空機のシンガポール発着を同日午後2時から停止すると発表した。シンガポール以外の航空会社にも適用する。

シンガポールといえばチャンギ空港ですが、今回の措置はチャンギ空港でのボーイング737-MAXシリーズの機体の離発着を禁止する、という措置です。
他の報道は航空会社がB737MAXの使用を停止する、というものですが、特定機種の空港乗り入れ禁止、というのは極めて厳しい措置ですね。

 737MAXシリーズの航空機の乗り入れを全面的に停止したのはシンガポールが初めて。シルクエアー以外では、中国南方航空、山東航空、ガルーダ・インドネシア航空、タイ・ライオン航空がチャンギ空港に737MAXの航空機を乗り入れており、影響を受ける。
中国、インドネシア当局は11日、自国の航空会社に737MAX8の運航停止を指示。ほかにエチオピア航空、ケイマン航空などが737MAX8の運航を停止した。

こちらのニュースによるとB737MAXは全世界で378機が運航されているとのこと。この中でシンガポール・チャンギ空港(SIN)行のフライトと関係する便はすべてキャンセル、ということですね。
凄い措置ですね・・・。

D20 地球の歩き方 シンガポール 2019~2020
D20 地球の歩き方 シンガポール 2019~2020
  • 著者 :
  • 価格 : ¥ 1,620
  • 単行本(ソフトカバー):400 ページ
  • 出版日 : 2018/12/20
  • 出版社 : ダイヤモンド・ビッグ社

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterをフォロー
スポンサーリンク