満車・混雑解消へ!各地の空港が駐車場を新設

インバウンド観光客の増加とともに各空港の駐車場キャパシティも足りなくなってきています。対策として全国各地の空港が駐車場の増設・新設を検討しているようです。

スポンサーリンク




今後増設される空港駐車場

空港に着いたら駐車場が満車!こんなヒヤッとする経験の解消に向けて各地の空港が駐車場の新設・増設に動いています。インバウンド需要もうなぎ登りに増加する中、現在報道されている空港駐車場の新設計画をまとめてみます。

成田空港

成田空港は2018年7月に第1ターミナル近くのP1駐車場に立体駐車場をオープン。さらに第2ターミナル前のP2駐車場に2019年夏頃めどで立体駐車場を新設。


出典:成田空港、立体駐車場を新設観光経済新聞

成田空港、立体駐車場を新設 - 観光経済新聞
 成田空港は、立体駐車場を新設する。 現在、成田空港内で建設工事を行っております、第1ターミナル前のお客様用駐車場(P1駐車場)における立体駐車場が、2018年7月の夏期繁忙期前にオープンすることとなりました。 この立体駐車場のオープンにより、P1駐車場の収容台数は1,200台から1,800台(うち新立体駐車

P1駐車場の収容台数は1,200台から1,800台(うち新立体駐車場は770台)となり、1.5倍に拡大します。

P2駐車場の収容台数は2,400台から3,100台(うち新立体駐車場は700台)となります。

那覇空港

最近はアジアからのインバウンド観光客が目立って増加している沖縄の那覇空港も駐車場増設計画を発表。2022年までに8階建ての立体駐車場を増設し、現在より1.7倍の収容力を確保するとのこと。

混雑の解消なるか 那覇空港に8階建て駐車場 新設計画 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 【東京】那覇空港国内線ターミナル到着ロビー前に送迎車が混雑している問題で、那覇空港ビルディングや国交省などが、2022年度までに8階建て立体駐車場の新設を計画していることが27日、分かった。

高松空港

高松空港は2019年の10連休ゴールデンウィーク前までに駐車場を増設、現在から6割増の収容能力を確保するとのこと。2019年4月26日の完成を目指す、とのことで、本当にゴールデンウィーク直前のオープンとなるようです。

高松空港に立体駐車場 19年GW前、全体で1400収容に
高松空港(高松市)は19日、駐車場内に2019年4月26日の完成を目指して立体駐車場を新設すると発表した。614台が収容でき、駐車場全体の収容可能台数は約1400台と4割増える。来年のゴールデンウイ

松山空港

松山空港は早ければ2019年2月末運用開始を目標に駐車場を増設。第1駐車場内に700台規模の立体駐車場を建設するそうです。立体駐車場新設で合計の駐車台数は1875台になるとのこと。

松山空港の16年度の乗降客数は287万人で5年連続で増加。空港駐車場も年間約200日満車の状況が続いているそうです。

松山空港、駐車場493台分増設 混雑緩和へ19年から
全国の空港駐車場運営などを手掛ける一般財団法人の空港環境整備協会(東京・港)は、松山空港の駐車場を493台分増設する。立体駐車場を新設し、早ければ2019年2月末に運用を始める。増設で混雑を緩和し、

羽田空港は駐輪場を新設

こちらは既にオープン済みですが、羽田空港は国際線ターミナルの近くに自転車が停められる駐輪場を新設。これまでは駐輪場は一切なかったとのこと。

羽田、自転車OKに 駐輪場あす新設
 大きな飛行機が止められる羽田空港に止められない小さな乗り物、なーんだ? 旅客数一日二十三万人、航空機の駐機場二百カ所超、駐車場の収容能力一万台。

空港についたら駐車場が満車、という困った状況が各地で解消されていくといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitterをフォロー
スポンサーリンク